忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もし、ホームページやブログのタイトルをどうしても変えたい、どうしても変えなくてはならない事情があるという場合もあると思います。そのような場合は、「旧○○○(変更前のホームページやブログのタイトル)」を記載するようにします。変更した後の新しいタイトルが浸透するまでは表示させておくようにしなくてはなりません。訪問ユーザーのことを考えてというのもありますが、検索エンジンのことも考えていることになります^^。URLや、ドメインを変更したわけじゃないからいいじゃないか、大丈夫じゃないかと思われるかもしれませんが、タイトルを変えることも検索エンジンからすると、新しいサイトと判断してしまうのです。ですので、検索エンジンにタイトルは変わったけど前と同じサイトやブログだよということを伝えるために、変更前のタイトルを記載することが大事なのです。ホットペッパーが位置時季変更しましたが、また元のホットペッパーに戻しました。戻して良かった^^。

「優先順位」高い順に仕事こなせ無くなった時が緊急休養のタイミング

ヒプノの退行して過去情報を得る。催眠サイト
退行 催眠

サイト内のURL群、営業と集客の分離。営業部隊とSEO集客部隊に編制
中長期で通用するSEO対策用サテライトサイトの制作コスト目安。衛星サイト原価、最低3万~5万円
「コンテンツ,被リンク,衛星サイト」の3つは「毎月強度を固定」する。被リンクの「数」は変動でOK
「Webサイトへの入口=トップページURL」では無い。SEO対策でサイト内のサブページ群も入口化
なぜエンパワーメントが必要か?何でもセルフ志向な経営者は滅びる
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
中長期的な「安定1位表示,安定上位表示」を実現する「SEO内部対策」の流れ・方法・やり方・進め方
黒田バズーカ砲の短期的効果は切れた。残るは日銀砲によるマネタリーベース拡大、中長期効果。円安圧力
地盤沈降が進むリアル店舗。地盤隆起のWeb店舗。中資本企業もSEO参戦
Google検索エンジン経由アクセスアップのポイントは「記事数」では無く「文字数」。集客数増やす
「山」続きの我が人生。「高み」を目指すと次々と「山」が出現する
被リンクの種類は2つ「共通部分,オリジナル部分」。組合せ方は3通り
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
最低賃金上昇で起こる現象。弱い個の量産が弱い組織(国家)を造る
PR

誤字


そういえば、最近文字入力がやたら楽になりました^^。スペルを間違って入力しても、察してくれて入力したかったキーワードを表示してくれるのです。同じように間違って入力しちゃう人が多くいたのかな?^^(笑)。しかし検索エンジンもブラウザもすごい進化ですよね。やはり人間が機械に取って代わられる時代が来るかもしれないし近いのかもしれないですね・・・。スペル間違ったり、「n」が一つくらい多くても求めている言葉に変換してくれるので大変ありがたいです♪。しかし、便利だからと言って頼ってばかりいるのも問題なので、文字もなるべく書くようにしています。なぜかというと、自分のサイトでの誤字脱字を減らすことと、もし誤字脱字があった場合に、すぐ気付けるようにです。すべてパソコン任せにしておくと、いざ誤字脱字があっても気付くことが出来ないのです。自分で文字を実際に書いていれば、自分の能力として身に付きますので、間違いがあればすぐに気付けるのです。

潜在意識と繋がって問題解決・自己変革を促すカウンセリングサービス、ヒプノHP
池袋 カウンセリング

起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
外部SEO戦略。被リンク強度は固定し、貼られ続ける固定被リンクを増やす。オールド被リンク増⇒安定
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
熱い鉄だけを徹底的に打つ。冷めたら打たない、再加熱の努力もしない
URLの内部SEOスコアは其のページ内部だけで決まらず。下層URL群も影響。内部スコアに上限無し
Google検索の被リンク対策で「ドメイン分散」は必須。「IPアドレス分散」は必須では無い
2012年後半のSEO対策。傾向と対策。情報量・コンテンツ不足のURL、上位表示被リンクコスト増
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
SEO成功するキーワード割当方法2つ。ページに沿うキーワード割当てる。キーワードに沿うページ作る
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
FOMC年内緩和縮小。米が引締めに転ずれば円安進行。株高は国内マネタリーベース拡大に合わせて進行
衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能

競合


新しくサイトやブログを立ち上げて、SEOを施そうと決めた場合、自分が検索結果の上位に表示させたいと決めたキーワードがあると思います。そのキーワードの競合、ライバルサイトのことですが、同じキーワードで対策しているライバルサイトを調べなくてはなりません。ライバルサイトがあるか、合った場合、ライバルサイトの数はどのくらいあるかなど、色々とライバルサイトについて調べなくてはなりません。ビッグキーワードであればあるほどライバルのサイトは多いですし強いです。ビッグキーワードで検索結果の上位に表示されているサイトは大抵大手企業であることが多いです。大手企業はSEO対策に力を入れていますしお金をかけています。力を入れてお金をかけて、検索結果の上位という不動の地位を手にし、維持しているのです。できればそのようなビッグキーワードは避けた方が無難です。大手であればお金も時間も余裕でかけることが出来ますが、中小企業や個人には少々キツイです・・・。

「被リンクは殆ど効かなくなった」は半分本当で半分嘘。SEO成功する情報強者と失敗する情報弱者違い
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
SEO集客Blogは更新日(更新頻度)固定厳禁。集客Blog群全体で集客数固定
被リンクとは。被リンク7個=負荷7。被リンク50=負荷50。負荷調整・負荷管理が被リンク対策の要
Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
Google当局が行う2つの調節。被リンク緩和・被リンク引締め、コンテンツ緩和・コンテンツ引締め
ニュー被リンクとオールド被リンクの違い比較。安定的上位表示・不動の1位表示の要、オールド被リンク
Google SEO対策は2030年に2012年の512倍ほど難易度上がる。SEO未来予測まとめ
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
「お知らせTwitter」は無くす方向で進める。事業ごとに2つもアカウントは要らぬ
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
国内景気見通し。中小企業は?日本経済、2014年・2015年。構造面に着目
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
SEO業者のSEOサービス二大構成要素。コンサルティング,被リンク供給
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する